その他

【社会人にもおすすめ】強烈な異国情緒が味わえる旅行先3選(ドバイ・オマーン・インド)

もっての☆ほかお@元世界一周旅行者です。

この記事では、世界30ヵ国以上を旅した私が、比較的手軽に行くことができて強烈な異国情緒を味わえる旅行先を3つご紹介したいと思います。

  • 他の人と「少し違った」旅行先に行って自慢したい
  • せっかく海外に行くのだから異国情緒を味わいたい
  • 日本では経験できないことを経験したい

そんな方におすすめの記事です。

ちなみに「比較的手軽に行ける」の定義は、日本から片道9時間ほどで行ける、ということにしています。大体ハワイと同じ感覚で行ける場所、とイメージしてもらえればと思います。

この記事の著者
おなまえ

セミリタイアブロガー

もっての☆ほかお

motteno-hokao

プロフィール

「セミリタイアのすべてが分かる」をコンセプトにブログ運営中
東証一部上場企業の人事担当者&資格マニア
2020年 増資産額 +1,029万円
プロフィール詳細

ドバイ: 「金持ちの本気」が分かる都市

異国情緒  
行きやすさ 
治安    

日本人にはあまりなじみがありませんが、ドバイは「世界の都市の国際観光客ランキング」世界第4位にランクインしています。

この街では、とにかく金持ちの本気が見られます。

いたるところに見たこともないようなキラキラ光るビルが立ち並び、「世界最大級」のショッピングモールが乱立。モールの中にはなぜか水族館があったり、スキー場があったり「???」の状況。

そして「金あるし世界一でも作っとくか」的な感じで世界一も大乱立。

天を突きさすブルジュ・ハリファ

高さ828m、160階建ての世界一高い建造物。これ、実物みると本当にでかい!かっこいい!

ちなみに、エレベーターの速度も世界一。手前でやる噴水のショーも高さが世界一。(噴水のショーは無料でかつ圧巻。おすすめです。)

極めつけはこれ。

世界一の額縁です。

もう他に世界一思いつかなかったんでしょうね。

個人的にびっくりしたのは、行く度に、地下鉄の終点の駅名が変わっていることです。

ホテルの人に聞いたら、金持ちが買うから、しょっちゅう駅名が変わるそう。終点の名前が変わると路線が○○行になってみんな覚えてくれるんでしょうね。

お金持ちの国だけあって、観光にお金をかけようと思うと無限にかけられるのですが、建造物やショー・ショッピングモールを見て回るだけなら無料ですし、十分に楽しめます。

観光都市だけあって治安がとてもいいこともプラスポイントですね。

絵にかいたような「石油王」がたくさんいて、異国情緒を感じることもできますよ。

ドバイのおすすめポイントをまとめると次のとおりです。

  1. 豪華絢爛な「世界一」の建造物がたくさん見られる
  2. 見るだけなら「無料」のものが多い
  3. 治安がとてもいい

オマーン: 海・山・ムスリムの「異国感」

異国情緒  
行きやすさ 
治安    

僕が世界一周で周った中でトップクラスに好きな国がオマーンです。

オマーンは、ドバイから飛行機で1時間(片道1万円ほど)、バスで6時間(片道1,500円ほど)でいけるので、ドバイに行く人には絶対に足を延ばし欲しい国です。

この国には、きれいな海(アラビア海)、無機質な山、平和なイスラム教国の原風景があります。

まさに「異国情緒」を感じさせてくれる組合せですね。

日本人からすると、中東=治安が悪い、という感覚がありますがそんなことは全くありません。日本の外務省もオマーンにはUAEやトルコ同様「危険レベル」を設定していません。

また、きれいなアラビア海でのシュノーケルやダイビングもできます。(余談ですが、僕はオマーンでダイビングライセンスを取得しました。)

組織立った漁がおこなわれていないこともあり、魚1匹1匹が大きくて感動しますよ。

そして、どこにいてもムスリムが絵になる!

魚市場にいても。

サッカー競技場にいても。

ゲームセンターにいても。

現地のスーク(市場)でムスリムの服を仕立ててもらって観光をすると、より一層楽しむことができるので、おすすめですよ。

オマーンのおすすめポイントをまとめると次のとおりです。

  1. きれいな海(アラビア海)、無機質な山、平和なイスラム教国の原風景 が見られる
  2. ムスリムが絵になる
  3. 治安がとてもいい

インド: 欲望と喧騒から感じる「人間らしさ」

異国情緒  
行きやすさ 
治安    

欲望と喧騒の国、インド。

世界一周旅行者の間では「世界3大うざい国」の一つとして有名です。

僕は世界3大うざい国(インド・モロッコ・エジプト)全部行ったのですが、断トツでインドが一番うざかったです。

ただそのうざさにも愛おしさを感じさせてくれる、不思議な国、それがインドです。

実際、僕はこれまでに3回、計3か月ほどインドに滞在しています。

宿を出てから宿に戻るまで、とにかくインド人のキャッチに付きまとわれる。そしてそのキャッチが全員ぼったくり・詐欺のプロ+強靭なメンタルによって断り続けてもついてくる。そこがうざい国認定される由縁でしょうか。

僕が警察官としてインドに赴任できるなら、現行犯逮捕の世界記録を作れると思います。

ではなぜそんな国が「おすすめ」なのか。

それは、そんな経験ができるのがインドだけだからです。

ある意味「現地人とのふれあい」がこれほどできる国はない。

欲望にとても正直な人たち。

「写真撮ってくれ」というから、撮ってあげたら「写真撮ったなら金をくれ」と。断り続けてたら「この国では写真撮ったら金を渡す文化がある」とかめちゃくちゃなことを言ってくるのですが、最終的には

「もういい、わかった。許す。なんでもいいから金をくれ。」

いつの間にかこっちが許しを乞う側になってたりします。

その他にも、まあ書きにくいこともたくさんあるのですが…とにかく、面白い経験をたくさんできますよ。

そして、宗教・カーストといった日本人とは馴染みのないものとのふれあいもできます。

ヒンドゥー教と言えば、、、ガンジス川。

決して治安がいいとは言えませんが、最低限気を付けていれば、これほど楽しいことが起きる国はない。どうしてもおすすめしたい国の一つです。

  1. 「ここでしか経験できない」がたくさんある
  2. 現地人とたくさん触れ合える
  3. 宗教・カーストの上に人々の生活が成り立っていて興味深い

まとめ

ドバイやオマーン、インドでは、他の国では味わえないような強烈な異国情緒を感じることができます。

海外旅行の醍醐味ですよね。

異国情緒を求めて海外旅行に行っているはずが、最近はどこも同じように欧米化が進んで「異国」を感じにくくなっています。

  • 他の人と「少し違った」旅行先に行って自慢したい
  • せっかく海外に行くのだから異国情緒を味わいたい
  • 日本では経験できないことを経験したい

そんな人は是非、ドバイやオマーン・インドに行ってみてください!

Have a good trip !